1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士を探す
  3. 静岡県の交通事故に強い弁護士一覧

静岡県の交通事故に強い弁護士一覧

地域を絞り込む

3件中1-3を表示

  • 相談料
    相談料5,400円/30分
  • 着手金
    事案による
  • 成功報酬
    事案による
住所
静岡県島田市大川町8-13
アクセス
JR「島田駅」より徒歩3分
営業時間
月~金 9時~17時
定休日
土・日・祝日
島田みらい法律事務所
法テラス
利用可
女性スタ
ッフ対応
依頼者にとって最良の方法を一緒に考えます!

当事務所は、依頼者と共に新しい『未来』を創っていきたいとの想いから、『みらい』という名前をつけました。

交通事故の被害に遭われた方は、ケガの治療・示談交渉のストレスなど、不安で将来が全く見えない状態になっているかもしれません。当事務所は、交通事故の法的な解決方法について分かりやすく説明します。そして、依頼者にとって最良の方法を一緒に考えていきます。

早期に問題を解決するため、示談交渉や訴訟を有利に展開するため、交通事故に遭われたら早い段階で、一度、弁護士にご相談ください。

弁護士事務所の詳細を見る

  • 相談料
    初回相談無料
  • 着手金
    応相談
  • 成功報酬
    応相談
住所
静岡県静岡市葵区研屋町33-1
アクセス
新静岡駅より徒歩16分
営業時間
月~金 9時~17時30分
定休日
土・日・祝日
佐藤・清水法律事務所
相談無料
実績多数
完全個室
駐車場有
法テラス
利用可
夜間相談
電話相談
Peace of mind(心の平穏)

死亡事故、後遺障害から物損事故までお気軽にご相談ください。
交通事故に遭われた場合、精神的・肉体的に大きな負担を伴います。そのような状態の中で、今後の手続きについて不安を感じている方は、専門家である弁護士が、今後の手続きについて、保険会社との交渉や訴訟、調停等の法的手段まで丁寧にお教え致します。また、交通事故に遭われた方で、精神的・肉体的負担を抱えながら保険会社と交渉を続けることはより一層の負担になります。弁護士が保険会社と交渉することで、交渉をすることの負担から解放されます。

保険会社は早期の示談のために低額な示談金を提示するケースがあります。しかし、それは必ずしも適正な金額であるとは限りません。弁護士が保険会社と交渉することで増額するケースもあり、示談の前に一度ご相談いただくことをお勧めします。

弁護士事務所の詳細を見る

  • 相談料
    無料
  • 着手金
    無料
  • 成功報酬
    経済的利益の20%(税別)
住所
静岡県静岡市葵区伝馬町9-10 NTビル3階
アクセス
静鉄新静岡駅から徒歩2分・JR静岡駅から徒歩5分
営業時間
平日 9時00分~18時30分
定休日
土・日・祝日
弁護士法人栗田勇法律事務所
相談無料
土日相談
可能
実績多数
出張対応
電話相談
交通事故の円満解決に向けてアドバイスいたします!

多くの場合、交通事故の被害者となった場合、賠償金等について、加害者が入っている損保会社と交渉をすることになります。保険会社の担当者は、日々、示談交渉をしており、いわば「交渉のプロ」です。できるだけ保険会社が支払う賠償金の金額を低く抑えようとします。これに対し、被害者は、交通事故の示談交渉については、ほとんどの方が経験されたことがありません。多くの場合は、弁護士に示談交渉の代理を依頼し、保険会社と交渉をした方が、賠償金の金額は増えます。また、弁護士に交渉を任せることで精神的にも楽になるケースが多いです。

弁護士法人栗田勇法律事務所は平成23年3月に静岡市葵区伝馬町に開所した弁護士事務所で、ご相談者様目線のきめ細やかなサービスで、地域に密着した法律事務所としてご利用いただいております。JR静岡駅より徒歩5分、静鉄新静岡駅から徒歩2分というアクセスの良さを活かし、静岡市だけでなく、浜松市、富士市、沼津市、焼津市などから、交通事故のご相談でご来所いただいております。交通事故のご相談は無料。出張相談も対応しておりますので、お気軽にご相談いただければと思います。

弁護士事務所の詳細を見る

静岡で交通事故に強い弁護士に無料相談!

■静岡の交通事故の特徴

○年度ごとの推移(事故発生件数・死亡者数・負傷者数・ランキング)

静岡は平成26年の交通事故の発生件数が33499件で、平成25年と比べると1725件減少しています。交通事故による負傷者数は、平成26年が43640人で、これは平成25年に比べて2014人の減少となります。死者数ですが、平成26年は143人と、平成25年に比べて41人減少しており、この人数は全国でも9位であり、高い順位になっています。静岡県での交通事故の発生件数は、平成20年は38,748件でしたが、平成24年には36,946件と約2,000件減少しています。発生件数は全国で6位、死亡者は10位とまだまだ多いのが現状です。静岡県の交通事故の特徴は、人身事故の発生件数はゆるやかに減少していますが、発生件数では平成24年のデータで全国ワースト6位になっているということです。ただ、死亡事故は減っていて、過去10年間では約半数にまで減少しています。人口10万人あたりでは、交通事故死者数は26位ですが、10万人あたりの交通事故負傷者数は全国3位という結果になっています。

○特徴

事故が多い地域としては、市町村別で見るとやはり静岡市、浜松市が最も多く交通事故が発生しており、富士市、沼津市がそこに続いています。交通事故が多発している場所は交差点で、特に事故率が高い地点が特定されています。特にワースト5の交差点では年間で66件の事故が発生しています。ワースト1と2の交差点は沼津市で交通量が多く、特に深夜や早朝に物流関係の車が増えるという特徴があります。交差点での事故では、一時停止を違反したケースでの死亡事故が増えているのが特徴です。信号機のない交差点での事故の発生も多いです。交通事故防止運動としては、静岡県では、高齢者を守る「2・2・3(ふじさん)運動」を展開しています。富士山=不死という語呂合わせで縁起がいいということと、交通安全日本一を目指そうというものです。誰が事故に多く遭っているかというと、静岡では平成26年の交通事故による死者数が143人でしたが、そのうち73人は高齢者でした。高齢者人口当たり死者の順位は29位と、全国的に見ても平均的な死者数となっています。静岡県では高齢者の運転免許保有者が年々増加しています。それに合わせるかのように高齢ドライバーの事故件数も増えていて、10年前の約30%も増加しています。特に夕暮れ時の高齢者の死亡事故が増えています。ここ10年間では高齢者の死亡者数は平成18年の88人から平成25年の73人と15人も減少しています。しかし、事故の発生件数は少しずつ増加している状況にあります。

■静岡の弁護士に交通事故の相談

○静岡で交通事故に遭われたら

静岡で交通事故に遭われた場合、弁護士に相談されるのがおすすめです。弁護士に相談することで、慰謝料や損害賠償額の増額が期待できます。また、弁護士に示談交渉を任せれば、被害者の方が加害者と交渉するストレスもなくなります。無料相談を実施している弁護士事務所も多いので、まずは気軽に相談してみることが重要です。

○静岡の弁護士数・弁護士事務所数

静岡の弁護士数は2015年現在420人で、弁護士事務所数は229軒です。2013年度は、有料法律相談件数1513件、無料法律相談件数9661件、法テラス6928件、交通事故センター1374件、弁護士会・その他1359件で、法律相談総件数11174件となっています。

○訴訟件数・訴訟例

平成25年に静岡県内で申し立てられた交通事故の訴訟件数は350件で、そのうち静岡地裁が145件、浜松支部が102件、沼津支部が62件、富士支部が33件、掛川支部が7件、下田支部が1件となっています。

○静岡で交通事故の相談ができる弁護士の対応市町村

静岡市葵区・静岡市駿河区・静岡市清水区・浜松市中区・浜松市東区・浜松市西区・浜松市南区・浜松市北区・浜松市浜北区・浜松市天竜区・沼津市・熱海市・三島市・富士宮市・伊東市・島田市・富士市・磐田市・焼津市・掛川市・藤枝市・御殿場市・袋井市・下田市・裾野市・湖西市・伊豆市・御前崎市・菊川市・伊豆の国市・牧之原市・東伊豆町・河津町・南伊豆町・松崎町・西伊豆町・函南町・清水町・長泉町・小山町・吉田町・川根本町・森町

■静岡の特徴

静岡県は、太平洋に面した温暖な気候で、自然に恵まれた地域でもあります。人口も多く、約370万人と都道府県の中でも比較的多い県となっています。中部地方、及び東海地方に属するで、県域の東西が155km、南北に118kmと広大な土地を持ちます。お茶の産地として日本一有名な静岡県。同時に、日本一高い山、国のシンボルでもある富士山がそびえ立つ県としても知られています。富士山を境として東日本と西日本にわかれており、電気の周波数が一つの県の中で異なっているのは静岡県だけです。これもまた、静岡県ならではの特徴です。駿河国、伊豆国、遠江国の3国が合併され静岡県が成立したという歴史があります。また、熱海市や伊豆市は温泉が数多くある観光の名所で、富士宮市や御殿場市は富士山観光にもよく利用されます。