1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士を探す
  3. 愛媛県の交通事故に強い弁護士一覧

愛媛県の交通事故に強い弁護士一覧

地域を絞り込む

2件中1-2を表示

  • 相談料
    無料
  • 着手金
    無料
  • 成功報酬
    回収金額の8%~16%
住所
愛媛県松山市歩行町1-8-3 歩行町ビル3階
アクセス
伊予鉄大街道駅・警察署前駅から徒歩5分
営業時間
平日 9時~19時
定休日
土・日・祝日(事前予約にて対応可能)
橋爪・藤田法律事務所
相談無料
土日相談
可能
法テラス
利用可
出張対応
夜間相談
あなたの精神的負担の軽減と賠償額増額のために

交通事故被害者やそのご家族は、身体にダメージを負うばかりでなく、精神的にも大きな苦痛を負います。そのような状況にあるにもかかわらず、交通事故被害者やそのご家族は、治療費や後遺障害等の賠償を求めて、加害者やその保険会社と交渉をしなければなりません。そのような交渉は、非日常的事務であり、さらなる精神的負担となります。

当事務所は、交通事故被害者やそのご家族の精神的のご負担を解消するために、加害者側との交渉役を担います。また、このように当事務所の弁護士が交渉役を担うことは、交通事故被害者の精神的なご負担を解消するだけでなく、賠償金額の増加にもつながります。

交通事故被害者とそのご家族が、一日も早く平穏な日常を取り戻すことができるために頑張ります。是非お気軽にご相談ください。

弁護士事務所の詳細を見る

  • 相談料
    1時間あたり5,000円(税別)
  • 着手金
    300万円以下の場合:8%
  • 成功報酬
    300万円以下の場合:16%
住所
愛媛県大洲市中村231 愛媛舗道ビル2階1
アクセス
伊予大洲駅から徒歩2分
営業時間
月~金 9時~17時
定休日
土・日・祝日
村上勝也法律事務所
駐車場有
法テラス
利用可
分割払い
交通事故に遭遇しないのが一番ですが・・・もし遭遇してしまったら、いろんな二次被害を受けないように、心理面、法律面からサポート致します。

■事故に備えて
~自動車保険~
対人、対物保険は入っていますよね。しかし、それだけで十分ですか。人身傷害保険、弁護士費用特約、ファミリーバイク特約、自転車保険など本当に必要な保険にはいっているかどうか、交通事故に遭う前にチェックしませんか。

■被害に遭った
・交通事故にあって車が壊れた
・ケガをした
・最悪にも家族が亡くなってしまった。

そういうときに、
・相手方や保険会社の対応が悪く直接交渉したくない、
・本当に保険会社の提示する金額が適正なのか分からない、
・治療や心理面のケアに集中・専念したい、
そういう場合は、煩雑な手続を弁護士におまかせ下さい。

ちなみに、保険会社からの示談金額の提示は、いわゆる保険会社の基準で算定されており、裁判をした場合の基準で算定した場合に比較して低く抑えられています。弁護士が代理人として保険会社と交渉することにより、裁判基準に近い金額で示談をすることもできます。

■事故を起こしてしまった
保険会社に任せきりにしていませんか。加害者として責任ある行動をしないと、のちのちの刑事手続で重い処罰が待っています。
・被害者への対応、
・実況見分(現場検証)での警察官への対応など、
どのようにしたらよいのかご相談下さい。


【対応地域】
大洲市、八幡浜市、伊方町
内子町、伊予市、松前町、松山市
西予市、宇和島市、愛南町

弁護士事務所の詳細を見る

愛媛で交通事故に強い弁護士に無料相談!

■愛媛の交通事故の特徴

○年度ごとの推移(事故発生件数・死亡者数・負傷者数・ランキング)

愛媛は平成26年の交通事故の発生件数が5745件で、平成25年と比べると947件減少しています。交通事故による負傷者数は、平成26年が6817人で、これは平成25年に比べて1043人の減少となります。死者数ですが、平成26年は75人と、平成25年に比べて5人増加しており、この人数は全国でも23位であり、平均的な順位になっています。愛媛県での交通事故の発生件数は、平成20年は9,179件でしたが、平成26年は5,745件にまで減っています。これは約3400件も減っていることになり、前年比でも947件も減少しています。愛媛県では9年連続で事故の発生が減少しています。負傷者数は、平成20年は11,177人でしたが、年々減少していき平成24年は8,441人、平成26年は6,817人にまで減っています。死亡者数は、平成26年は前年より5人増えて75人になりましたが、それまでは13年連続で減少していました。四国全体でも愛媛県の死亡者数がもっとも多い数字となっています。

○特徴

事故が多い地域としては、愛媛県内で発生率が高い地域は松山市、松前町、新居浜市です。県内で事故の発生が多いのは松山東署管内で、次いで松山南署管内、今治署管内となっています。発生場所としては市町道が全体の約44%を占めています。多い事故形態としては、事故の発生原因で多いのは車両同士の事故で、追突が全体の4割にものぼっています。また、中学生、高校生の自転車での事故も増えています。交差点での自転車事故が多いという状況にあります。歩行者、自転車に乗る人の死亡事故の6割は自宅から1キロメートル以内で事故に遭遇しています。誰が事故に多く遭っているかというと、愛媛では平成26年の交通事故による死者数が75人でしたが、そのうち46人は高齢者でした。高齢者人口当たり死者の順位は9位と、全国的に見ても高い死者数となっています。高齢者の死亡事故が多く、全死者の中で高齢者が占める割合は62.9%と他府県よりも高いのが特徴です。特に75歳以上の死亡が多く、平成24年より25年は増加しています。死亡事故の中でも歩行中の事故がもっとも多く、全体の45.5%になっています。

■愛媛の弁護士に交通事故の相談

○愛媛で交通事故に遭われたら

愛媛で交通事故に遭われた場合、弁護士に相談されるのがおすすめです。弁護士に相談することで、慰謝料や損害賠償額の増額が期待できます。また、弁護士に示談交渉を任せれば、被害者の方が加害者と交渉するストレスもなくなります。無料相談を実施している弁護士事務所も多いので、まずは気軽に相談してみることが重要です。

○愛媛の弁護士数・弁護士事務所数

愛媛の弁護士数は2015年現在159人で、弁護士事務所数は110軒です。2013年度は、有料法律相談件数457件、無料法律相談件数2498件、法テラス2011件、交通事故センター153件、弁護士会・その他334件で、法律相談総件数2955件となっています。

○愛媛で交通事故の相談ができる弁護士の対応市町村

松山市・今治市・宇和島市・八幡浜市・新居浜市・西条市・大洲市・伊予市・四国中央市・西予市・東温市・上島町・久万高原町・松前町・砥部町・内子町・伊方町・松野町・鬼北町・愛南町

■愛媛の特徴

愛媛県は四国地方の北西部から北中部にある人口約140万人の街です。瀬戸内海に面した温暖な気候で災害の心配もほとんどなく、人柄も温かい地域です。県庁所在地は松山市で、政治・経済・商業の中心地になっており、愛媛県の人口の3分の1が集まっています。瀬戸内海を挟んで、多々羅大橋(西瀬戸自動車道)、岡村大橋(大崎下島広域農道)で中国地方とつながっています。みかんの有名な愛媛県の中心地は松山市です。松山市は、四国の中でも最大の人口を擁している大都市です。松山市には、金亀城や勝山城とも言われる、松山城がそびえ立っています。松山城は、日本三大平山城のひとつで、敷地一帯は国の史跡にも指定されています。