1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士を探す
  3. 宮城県の交通事故に強い弁護士一覧

宮城県の交通事故に強い弁護士一覧

地域を絞り込む

5件中1-5を表示

  • 相談料
    0円
  • 着手金
    0円
  • 成功報酬
    増額分の20%+5万円
住所
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-58 ダイアパレス仙台中央720
アクセス
地下鉄五橋駅北4出口から徒歩約6分
営業時間
平日 9時30分~17時30分
定休日
土・日・祝日(ただし、事前の予約があれば対応可能)
吉田大輔法律事務所
相談無料
土日相談
可能
実績多数
法テラス
利用可
出張対応
夜間相談
分割払い
交通事故被害者の権利を守ります

不運にも交通事故に遭ってしまったとき、被害者は、痛みを抱えながら、交通事故対応のプロである加害者側の保険会社と交渉しなければなりません。しかし、保険会社がプロであることから、どうしても保険会社のペースになりがちです。被害者が納得のいく治療を受け続けるためには、事故後、早い段階から弁護士を代理人にすることが必要な場合もあります。

治療が終了し、賠償額の提示がなされる場合、保険会社から提示される賠償金額は、裁判をした場合に裁判所が認める賠償額よりも低額であることがほとんどです。正当な賠償を得るために保険会社と交渉し、あるいは正当な賠償を得るために裁判をするためには、法律の専門家である弁護士を代理人にした方がいい場合が多いです。

当事務所では、交通事故被害者の権利を守るために全力で対応致します。お早めに、また、お気軽にご相談下さい。

弁護士事務所の詳細を見る

  • 相談料
    新規のお客様は初回無料
  • 着手金
    10万円(税抜)~
  • 成功報酬
    増額分の10%(税抜)~
住所
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-17 仙台ビルディング駅前館9階
アクセス
仙台市営地下鉄 五橋駅北4出口より徒歩2分
営業時間
月~金 9時~17時
定休日
土・日・祝日(ただし、事前にご相談頂ければ対応可能な場合あり)
結の杜総合法律事務所
相談無料
土日相談
可能
実績多数
法テラス
利用可
女性スタ
ッフ対応
夜間相談
『保険会社から送られてきた示談の提案に、そのまま同意しようとしていませんか?』
 
交通事故に遭うと、しばらくしてから保険会社より示談の提案書が送られてきます。それには、治療費や慰謝料など分かり易い文言も記載されておりますが、逸失利益や休業損害、過失割合などのあまりなじみのない文言や計算式も記載されています。それらしい計算式や文言が並んでいると、「そういうものか」と思って、安易に示談に応じてしまいがちです。
 
しかし、保険会社より提案される金額は、最終的に裁判などで認められる金額よりも低いのが通常です。 また、一旦示談書にサインをし、示談してしまうと、これを取り消すことはできなくなってしまいます。示談成立後に、保険会社に対して新たに主張したいことや追加で請求したい損害が生じたとしても、保険会社がこれに応じてくれることはありません。
 
そのため、保険会社から、示談の提案があったとしても、その内容、金額が妥当なのかどうかを判断する必要があります。そこで、一度弁護士に相談することをお勧めいたします。

当事務所では、直接弁護士が丁寧にご説明させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士事務所の詳細を見る

  • 相談料
    無料
  • 着手金
    0円
  • 成功報酬
    10~20%+20万円
住所
宮城県仙台市青葉区国分町1-7-18 白蜂広瀬通ビル7階
アクセス
広瀬通駅から徒歩5分
営業時間
平日 9時~12時、13時~17時30分
定休日
土・日・祝日・年末年始
アイリス仙台法律事務所
相談無料
実績多数
完全個室
出張対応
夜間相談
当事務所は、被害者側専門で交通事故案件に取り組んでおります。 

どの保険会社が相手方であっても、ご相談・ご依頼を受けることが可能です。当事務所では、交通事故の被害者の声に真摯に耳を傾け、安心して事故後の日常を送っていただけることを目指しております。

大きな事故ではないから相談する必要がない、とは言えません。 当事務所では、事故の大きさにかかわらず、費用以上の効果(増額)が見込まれる場合は積極的にお引き受けしておりますので、まずはお気軽に、ご相談にいらしてください。

弁護士事務所の詳細を見る

  • 相談料
    無料
  • 着手金
    無料
  • 成功報酬
    経済的利益の10%+相当額
住所
宮城県仙台市青葉区一番町2-1-2 NOF仙台青葉通りビル8階
アクセス
仙台市営地下鉄「仙台駅」より徒歩約4分
営業時間
月~金 9時~17時45分(電話受付は17時まで)
定休日
土・日・祝日(土・日・祝日を希望される場合は応相談。)
蒼天法律事務所
相談無料
土日相談
可能
実績多数
完全個室
法テラス
利用可
夜間相談
電話相談
当事務所では、交通事故をめぐる問題の解決に積極的に取り組んでいます。

交通事故は、新聞やテレビで報道されない日がないといってよいほど頻繁に起きています。
誰しもが、ある日突然交通事故の当事者になる可能性があるのです。
はじめて交通事故の当事者になったとき、分からないことばかりで、今後どうすればよいのか不安でいっぱいになると思います。
また、相手方保険会社の対応に不満を持ったり疑問を抱くことも少なくないと思います。さらには、相手方との示談交渉も精神的な負担が大きいものです。
そんなときに、頼りになるのが交通事故問題に精通した弁護士です。
被害者として適正な損害賠償を受けるためには交通事故問題に精通した弁護士に相談するのがベストな選択です。

当事務所では、損害保険会社の代理人としての実務経験がある弁護士が、被害者側・加害者側を問わず、交通事故当事者の相談に親身に応じ、問題解決を図っています。
相談料の負担はありませんので、まずはお気軽にご相談下さい

弁護士事務所の詳細を見る

  • 相談料
    初回無料
  • 着手金
    0円~
  • 成功報酬
    依頼者様の経済的利益の10%~
住所
宮城県仙台市青葉区一番町2-6-16 シントウビル202
アクセス
青葉通一番町駅より徒歩3分
営業時間
午前9時~午後5時(事前ご予約により時間外相談もお受けします)
定休日
土日祝(事前ご予約により土日祝相談もお受けします)
大竹法律事務所
相談無料
土日相談
可能
実績多数
完全個室
法テラス
利用可
出張対応
夜間相談
分割払い
350件以上の交通事故解決実績のある弁護士が依頼者様の利益を最大化

弁護士の大竹直嗣(なおし)と申します。

私がこれまでに解決した交通事故事件は350件を超えます。私は、司法修習生時代の弁護修習指導担当弁護士が(公財)交通事故紛争処理センターの審査員(後に支部長)であったことや、勤務弁護士先の法律事務所が大手損害保険会社の顧問であったこと等から、多くの交通事故事件に携わってきました。解決した交通事故事件の中には、多数の、重度後遺障害事案(遷延性意識障害、失調麻痺、高次脳機能障害、脊髄損傷等)や、死亡事案、PTSDその他の非器質性精神障害事案、因果関係が争点となる事案、素因減額が争点となる事案、過失割合が争点となる事案、物損事案等が含まれます。

手前味噌で大変恐縮ですが、経験実績としては仙台の弁護士ではトップクラスであると自負しております。交通事故損害賠償分野において全国的に大変著名な弁護士の相手方代理人も多数経験しております。国内大手損害保険会社からの依頼による加害者側代理人としての経験も豊富であることから、被害者様にとって交渉の難敵となる損害保険会社の手の内は知り尽くしています。

依頼者様と協働し、被害実態を十分に損害額に反映させること、依頼者様の利益を最大化することを、お約束致します。

弁護士事務所の詳細を見る

宮城で交通事故に強い弁護士に無料相談!

■宮城の交通事故の特徴

○年度ごとの推移(事故発生件数・死亡者数・負傷者数・ランキング)

宮城は平成26年の交通事故の発生件数が9142件で、平成25年と比べると709件減少しています。交通事故による負傷者数は、平成26年が11703人で、これは平成25に比べて948人の減少となります。死者数ですが、平成26年は83人と、平成25年に比べて5人減少しており、この人数は全国でも20位であり、平均的な順位になっています。宮城県の交通事故は、平成25年には平成10年以降もっとも発生件数が少なくなりました。また負傷者の数も同様に過去最小になっています。ただ、死亡者数は前年より24人増える結果になりました。東北6県の中でも死亡者数は宮城県がもっとも多い状況です。冬季の路面凍結や積雪による交通事故も発生しています。宮城県での交通事故での死亡者数は、平成14年は181人でした、翌15年には134人と大幅に減少。平成17年には増えましたが、それ以降は年々減少しています。平成24年の死亡者数は64人と最少になりました。死亡事故のうち、飲酒運転は7件でした。また、物にぶつかるという自損事故での死亡例も多いのが特徴です。

○特徴

事故が多い時間帯としては、日没の早まる時期の薄暮時間帯の高齢者の歩行中の交通事故が非常に多いようです。理由としては視認性の悪い黒や紺色の防寒着を日没の早まる11月や12月に着る高齢者の方 が多いということが挙げられています。交通事故の犠牲となった高齢者の方のほとんどがこうした視認性が悪く、反射板の付いていない防寒着を着用されていたようです。誰が事故に多く遭っているかというと、宮城では平成26年の交通事故による死者数が83人でしたが、そのうち40人は高齢者でした。高齢者人口当たり死者の順位は32位と、全国的に見ても低めの死者数となっています。死亡事故の特徴としては、高齢者が全死亡者の約4割を占めるということ、事故原因がぼんやりしていたというケースが多いです。特に高齢者が歩行中に事故に遭うケースが増えています。平成25年の交通事故での死亡者88人中、65歳以上の高齢者は37人にもなり、これは死亡者の約4割にもなります。しかも前年より13人も増加しました。交通事故防止運動としては、宮城県では飲酒運転の取り締まりに力を入れています。さらに、交通事故対策の取り組みとして「事故0プラン」という対策を取っています。交通事故の危険の高い道路区間を「事故危険区間」として、県民の方や宮城県の道路を運転する方に交通事故が起こりやすい箇所の認識を持ってもらうのが目的です。また、宮城県警では安全運転の強化に取り組んでいます。高齢歩行者を守る取り組みとしては、各警察署で「高齢者横断事故防止モデル地区」を設定し、地区内の高齢者に対しての交通安全教育を実施しています。道路事情としては、一般道路の実延長は全国22位とやはり真ん中よりは少し上に位置しています。車両数も全国で18位です。

■宮城の弁護士に交通事故の相談

○宮城で交通事故に遭われたら

宮城で交通事故に遭われた場合、弁護士に相談されるのがおすすめです。弁護士に相談することで、慰謝料や損害賠償額の増額が期待できます。また、弁護士に示談交渉を任せれば、被害者の方が加害者と交渉するストレスもなくなります。無料相談を実施している弁護士事務所も多いので、まずは気軽に相談してみることが重要です。

○宮城の弁護士数・弁護士事務所数

宮城の弁護士数は2015年現在409人で、弁護士事務所数は234軒です。2013年度は、有料法律相談件数340件、無料法律相談件数9921件、法テラス2206件、交通事故センター1357件、弁護士会・その他6358件で、法律相談総件数10261件となっています。

○宮城で交通事故の相談ができる弁護士の対応市町村

仙台市・石巻市・塩竈市・気仙沼市・白石市・名取市・角田市・多賀城市・岩沼市・登米市・栗原市・東松島市・大崎市・蔵王町・七ヶ宿町・大河原町・村田町・柴田町・川崎町・丸森町・亘理町・山元町・松島町・七ヶ浜町・利府町・大和町・大郷町・富谷町・大衡村・色麻町・加美町・涌谷町・美里町・女川町・南三陸町

■宮城の特徴

宮城は東北地方の県で、日本三景の一つである松島が特に有名です。農業では、広大な平野を活かして、ササニシキやひとめぼれ等の稲作が中心となっています。また、東北大震災の影響で名前を聞く機会の多い気仙沼漁港や石巻漁港も県内にあり、漁獲量が多く、かき、ほたて等の養殖漁業も盛んです。漁業では、牡蠣を始めマグロやカツオといった様々な海の幸。農業では苺や梨などの果物。四方を山に囲まれているので山菜も有名です。お米ならば、ヒトメボレやササニシキ、そして肉では高級牛である仙台牛と、牛タンが名物になっています。

東北地方最大の都市である仙台市には、大規模なショッピングモールがあります。繁華街として有名な国分町には、居酒屋やバー、クラブがたくさんあります。石巻市にある県立自然公園旭山は、桜の名所としても有名なハイキングスポットになっています。