1. 交通事故アスクトップページ
  2. 交通事故に強い弁護士に相談
  3. 沖縄県の交通事故に強い弁護士に相談

お気に入り弁護士事務所一覧に登録しました。

お気に入り弁護士一覧を見る

お気に入り弁護士事務所一覧から削除しました。

お気に入り弁護士一覧を見る

沖縄県の交通事故に強い弁護士に相談

4件中1-4を表示

   選択した事務所に まとめて問い合わせをする   無料
お気に入りに追加
お気に入りから削除
  • 相談料
    「何度でも」無料
  • 着手金
    無料
  • 成功報酬
    回収額の10%+20万円
住所
沖縄県那覇市楚辺1丁目5番17号 プロフェスビル那覇3階
アクセス
那覇高校より徒歩5分
営業時間
月~金 9時~18時
定休日
土・日・祝日
弁護士法人岡野法律事務所・那覇支店
相談無料
土日相談可能
実績多数
完全個室
駐車場有
24時間予約受付
女性スタッフ対応
夜間相談
沖縄で交通事故に強い弁護士なら岡野法律事務所
岡野法律事務所では、交通事故問題に強い弁護士が、被害者の方を徹底的にサポートしています! 当事務所の強みは、 ・相談料が「何度でも」無料、着手金無料、増額できなければ報酬0円 ・豊富な相談実績と解決実績 ・被害者の方への親身かつ迅速なサポート です! 相談に来られたお客様から「一人で悩まず相談して良かった」という声を多数頂いております。 ぜひ、お気軽にご相談下さい!
050-5264-5914
お気に入りに追加
お気に入りから削除
  • 相談料
    30分5,400円(消費税込)
  • 着手金
    旧日弁連報酬規程に準じます
  • 成功報酬
    旧日弁連報酬規程に準じます
住所
沖縄県那覇市久茂地1-7-1 琉球リース総合ビル6階
アクセス
ゆいレール「県庁前駅」(北口出口)から徒歩5分
営業時間
平日 9時~18時
定休日
土・日・祝祭日・年末年始
弁護士法人てぃだ法律事務所
完全個室
法テラス利用可
分割払い
相談者には、誠実丁寧な対応を心掛けております。
もし事故の被害者になってしまったら、もし加害者になってしまったら・・・怒りや悲しみ、不安など本当に悩んでいる・苦しんでいる・・・ほとんどの被害者・加害者にとって交通事故は初めての経験だと思います。豊富な知識をもつ保険会社が交渉を始めても、交渉の長期化や決裂の場合もあり、不安を感じる方も多いでしょう。「自賠責基準」や「任意保険基準」に基づいた納得できない慰謝料を提示され、「示…
050-5269-2071
お気に入りに追加
お気に入りから削除
  • 相談料
    無料(※回数制限なし)
  • 着手金
    無料
  • 成功報酬
    回収額の10%+18万円(税抜)
住所
沖縄県うるま市赤道10-17 環ハウスビル2-B
アクセス
中部病院前バス停より徒歩1分
営業時間
月~金 9時~19時
定休日
土・日・祝日・年末年始(事前予約で休日対応OK)
匡法律経済事務所
相談無料
土日相談可能
実績多数
完全個室
駐車場有
女性スタッフ対応
夜間相談
電話相談
被害者専門の弁護士が運営する沖縄交通事故無料相談所です!
<匡法律経済事務所(弁護士 久保田匡彦)が選ばれる7つのポイント> ◇その1◇小さなことも、何度でも気軽に無料相談OK ◇その2◇事故直後からサポート可能      (サポートが早い方が、賠償金額がアップする傾向あり) ◇その3◇手出しの費用なし      (加害者側が支払う賠償金の中から弁護士報酬を差引) ◇その4◇着手金無料・完全成功報酬制 ◇その5◇お客様の意向に沿った手続進行     …
050-5269-2070
お気に入りに追加
お気に入りから削除
  • 相談料
    人身傷害の方は初回無料
  • 着手金
    人身傷害の方は無料
  • 成功報酬
    損害額に対する総支払額の10%
住所
沖縄県那覇市西1-2-18 西レジデンス2-B
アクセス
ゆいレール「旭橋駅」より徒歩7分
営業時間
平日 9時~18時
定休日
土・日・祝日
ニライ法律事務所
相談無料
土日相談可能
実績多数
完全個室
駐車場有
出張対応
夜間相談
分割払い
ニライ法律事務所はあなたの悩みに寄り添うパートナーです。
法律の問題に直面した時、多くの方は対立当事者との精神的な負担と、手続きや話し合いに費やす時間的な負担にも直面しています。当事務所の弁護士は、かかる紛争を抱えている当事者に法律的なアドバイスをするとともに、精神的な負担を軽減し、かつ煩雑な法律手続きを代理することで、依頼者様の法的トラブルに関連する負担を取り除きます。沖縄で開業して2015年で7年になりますが、沖縄独特の法律問題を…
050-5269-2072
   選択した事務所に まとめて問い合わせをする   無料

沖縄で交通事故に強い弁護士に無料相談!

■沖縄の交通事故の特徴

○年度ごとの推移(事故発生件数・死亡者数・負傷者数・ランキング)

沖縄は平成26年の交通事故の発生件数が6242件で、平成25年と比べると422件減少しています。交通事故による負傷者数は、平成26年が7523人で、これは平成25年に比べて383人の減少となります。死者数ですが、平成26年は36人と、平成25年に比べて16人減少しており、この人数は全国でも44位であり、非常に低い順位になっています。昭和58年からはまた2,000件を超えるようになります。平成3年には3,000件を超し、途中で増減はあるものの、平成15年には6,000件を突破してしまいました。過去最多は平成23年の6,788件です。平成25年は6,664件で若干の減少にとどまりました。負傷者数は、昭和47年は3,647人でしたが、その後一時的に減少しますが、昭和57年から年々増加していきます。平成に入ると3,000人を超え、平成13年には6,000人を超えるようになりました。平成23年には8,045人になりますが、平成25年は7,906人で8,000人を切ることができました。一方、死亡者数は昭和48年がピークで123人もいました。その後、若干の増減を繰り返しますが、平成8年からは100人を下回るようになります。沖縄県の交通事故の特徴は、飲酒絡みの事故が多いこととレンタカーでの事故が多発しているということです。特に飲酒絡みの人身事故は、24年連続で全国ワースト1位になっています。また、飲酒絡みの死亡事故も全国ワースト1位~2位という高い水準にあります。

○特徴

事故が多い地域としては、沖縄県内で発生率が高いのは北中城村、恩納村、北谷町などです。沖縄本島は比較的交通量の多い地域が多くなっているのですが、離島へ行けばそれほど車の量も多くありませ。広く視界の良い道が多いこともあり、それほど交通事故は多くはありません。道路事情としては、県内を移動する電車は沖縄空港と首里駅をつなぐモノレールがあるだけという土地柄で、しかも日本有数の観光地であるためにどうしてもレンタカーの利用が増えてしまいます。その結果、慣れない土地での運転、地元住民の車もある中でも渋滞などが事故につながっているようです。国際通り近辺は渋滞が発生しやすい傾向にあり、地元住民も事故を起こしてしまう場合がありますし、また米軍基地が多く、軍関係者が事故を起こして巻き込まれてしまうというケースもあります。交通事故防止運動としては、沖縄県では「美ら島沖縄」を目指して、飲酒運転防止対策などの事故防止に力を入れています。誰が事故に多く遭っているかというと、沖縄では平成26年の交通事故による死者数が36人でしたが、そのうち9人は高齢者でした。高齢者人口当たり死者の順位は44位と、全国的に見ても非常に低い死者数となっています。

■沖縄の弁護士に交通事故の相談

○沖縄で交通事故に遭われたら

沖縄で交通事故に遭われた場合、弁護士に相談されるのがおすすめです。弁護士に相談することで、慰謝料や損害賠償額の増額が期待できます。また、弁護士に示談交渉を任せれば、被害者の方が加害者と交渉するストレスもなくなります。無料相談を実施している弁護士事務所も多いので、まずは気軽に相談してみることが重要です。

○沖縄の弁護士数・弁護士事務所数

沖縄の弁護士数は2015年現在249人で、弁護士事務所数は154軒です。2013年度は、有料法律相談件数1035件、無料法律相談件数6559件、法テラス5585件、交通事故センター487件、弁護士会・その他487件で、法律相談総件数7594件となっています。

○沖縄で交通事故の相談ができる弁護士の対応市町村

那覇市・宜野湾市・石垣市・浦添市・名護市・糸満市・沖縄市・豊見城市・うるま市・宮古島市・南城市・国頭村・大宜味村・東村・今帰仁村・本部町・恩納村・宜野座村・金武町・伊江村・読谷村・嘉手納町・北谷町・北中城村・中城村・西原町・与那原町・南風原町・渡嘉敷村・座間味村・粟国村・渡名喜村・南大東村・北大東村・伊平屋村・伊是名村・久米島町・八重瀬町・多良間村・竹富町・与那国町

■沖縄の特徴

沖縄県は日本の最南端にあり、東シナ海と太平洋にある大小160の島々から成り立っており、その中で人が住んでいる島は49島あります。人口は平成24年の調査では約142万人で、沖縄県の人口密度は全国9位と高い傾向にあり、その中でも那覇市が群を抜いて高いです。沖縄は日本の南西部に位置する県で、宮古島・多良間島・石垣島・西表島等多くの島を含みます。最も寒い時期でも20度弱という気候の熱帯に属する県です。明治時代に琉球処分を受けるまでは中国、日本に影響を受ける両属の琉球王国として栄えていました。沖縄県は、日本とアジア諸国の間にあり、古くから海外貿易をさかんに行ってきました。かつて琉球王国として世界に窓を大きく開いた国際貿易都市としての面影を、残る史跡や文化から今もうかがうことが出来ます。